外貨MMF利回り一覧

外貨MMF 比較のコツ

外貨MMFは、取り扱っているファンド数自体が少ないため選択肢はそれほど多くありません。

 

米ドル建てMMFは、ゴールドマンサックス、日興、モルガンスタンレーの3社がネット証券では選べますが、他の通貨ではほぼ一社のみです。

 

取引手数料は購入時・解約時共に必要なく信託報酬額なども証券会社間の違いはありません。

 

ただし、為替手数料に関しては違いがあり、平均が25銭のところ松井証券の米ドル建ての場合20銭になっています。

 

証券会社によって取扱通貨は異なります、通貨ごとに対応している証券会社をピックアップしてありますので、そこからさらに絞り込んでみてください。

為替手数料最安水準を提供中

米ドル建てMMFが、為替手数料20銭で1万円から購入可能。他にも、人気の通貨がお得な手数料で取引可能。

豊富な取り扱い商品・少額積立にも対応

南アフリカランド建てMMFは最低取引金額は約120円!10通貨単位からの超少額積立にも対応。

複数のファンドから選べるというメリット

MMFの売却資金をSBI証券の米国株式取引の決済に利用することも可能。10通貨単位からの小額に対応。

為替レートの更新頻度高タイムリーな取引可能

1日に複数回為替レートが更新されるシステム。1万円以上1円単位で申し込めるため積立投資も可能。

為替手数料20銭という最安水準のレート

米ドル建てMMFが、為替手数料20銭で1万円から購入可能。米ドル建てMMFなら松井証券がおすすめ。


外貨MMF利回り一覧表?ファンドの運用成績がわかる【通貨情報まとめ】記事一覧

米ドル建ての外貨MMFは、アメリカのドルで運用します。為替手数料は他の通貨と比較した場合最も安く、銀行系では50銭程度、大手ネット証券会社では20〜25銭となっています。ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド、ノムラ・グローバル・セレクト・トラスト、ゴールドマン・サックスの3種類のファンドがあるのですが、証券会社による手数料の違いが5銭程度なので、利回りで選ぶという選択肢もありそうですね。2011...

ユーロ建てでEU圏の債券などに投資するのがユーロMMFです。ユーロは流通量の多い非常にメジャーな通貨ですが、為替手数料は40銭〜80銭と米ドルと比較するとやや高めではありますが、それでも銀行系の水準と比較すると好条件です。ユーロを投資の幅を広げる一環として取り入れたいという方には魅力的な商品でしょう。ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド、ノムラ・グローバル・セレクト・トラストの2種類のファンドが...

豪ドル建てでオーストラリアの債券などに投資するのが豪ドルMMFです。豪ドルMMFは、比較的メジャーな通貨の中では最も金利が高いため、相対的にファンドの利回りも良く外貨投資の対象として人気があります。NZドルや南アフリカランドのような高利回りを誇っていた通貨のファンドが、リーマンショック以降軒並み利回りがダウンしてしまったこともあり、高利回りファンドを求めている人たちの人気をより集めています。ネット...

取り扱いがあるのは、楽天証券とSBI証券、カブドットコム証券のみ(主要ネット証券調べ)です。ホライズン・トラスト−南アフリカ・ランド・マネー・マーケット・ファンドというもので、債券を中心とした投資というMMFの基本は同じです。豪ドルやNZドルを上回る非常に高い利回りの商品ですが、為替変動の影響も非常に大きくリスクは外貨MMFの中では相対的に高い通貨です。利回りの数値をみて飛びつかず、いろいろな情報...

ニュージーランドドル建てでニュージーランドの債券などに投資するのがNZドルMMFです。ニュージーランドは、地理的に近いオーストラリアと為替変動が似ているのが特徴ですが、国そのものの主要産業など違いもありNZドルは興味深い通貨です。リーマンショック以前は、豪ドルよりも利回りが良いという特徴がありましたが、それ以降は豪ドルの半分ぐらいの利回りとなってしまいました。分散投資の一環としての選択肢はあります...

カナダドル建てでカナダの債券などに投資するのが加ドルMMFです。地理的にも近いアメリカと関わり合いが深いのですが、米国の信用不安などの問題から相対的に強くなりつつあります。他にも、中東情勢の不安な中、原油産出国としても注目されているなど、カナダドルは興味深い通貨ですね。ネット証券では、ニッコウ・マネー・マーケット・ファンドを取引することができます。