外貨MMF 加ドル

加ドル建て外貨MMFについて

カナダドル建てでカナダの債券などに投資するのが加ドルMMFです。

 

地理的にも近いアメリカと関わり合いが深いのですが、米国の信用不安などの問題から相対的に強くなりつつあります。他にも、中東情勢の不安な中、原油産出国としても注目されているなど、カナダドルは興味深い通貨ですね。

 

ネット証券では、ニッコウ・マネー・マーケット・ファンドを取引することができます。


カナダドル建て外貨MMF、人気証券会社ランキング

為替手数料最安水準を提供中

米ドル建てMMFが、為替手数料20銭で1万円から購入可能。他にも、人気の通貨がお得な手数料で取引可能。

豊富な取り扱い商品・少額積立にも対応

南アフリカランド建てMMFは最低取引金額は約120円!10通貨単位からの超少額積立にも対応。

複数のファンドから選べるというメリット

MMFの売却資金をSBI証券の米国株式取引の決済に利用することも可能。10通貨単位からの小額に対応。

ランキングについて

同じファンドなため、為替手数料を比較対象としています。

 

カブドットコムは60銭で第一位、楽天証券とSBI証券は80銭で同率2位です。

利回りとアメリカ経済との連動に注目【加ドル外貨MMFはどう?】関連ページ

米ドル
米ドル外貨MMFは、両替手数料コストが最も少ないため買いやすいという特徴があります。アメリカの情報は手に入りやすくハードルも低いため、利回りが控え目ですが、円資産の分散という目的で取り入れる方もいらっしゃいます。
ユーロ
ユーロは今、ギリシャの金融危機などで投資先としては注意が必要です。そんなユーロ外貨MMFに投資する場合は、ほかの通貨以上により詳しい知識が求められると言ってもいいでしょう。リスクが高いので判断は難しいですね。
豪ドル
ユーロは今、ギリシャの金融危機などで投資先としては注意が必要です。そんなユーロ外貨MMFに投資する場合は、ほかの通貨以上により詳しい知識が求められると言ってもいいでしょう。リスクが高いので判断は難しいですね。
南アフリカ ランド
南アフリカランド外貨MMFはかなり高リスクな部類に入りますからご注意ください。というのも、利回りそのものは豪ドルを上回りますが、1ランド10円程度に対して手数料が25銭〜とかなり高く、値動きもかなり激しいからです。
NZドル
豪ドルとほとんど同じと思われがちですが、NZドル外貨MMFは利回りとオーストラリアとは少し違う国の産業などの影響があります。ただし、基本的にほぼ値動きが連動するので分散投資先として少し組み入れる使い方で人気のようです。