外貨MMF 米ドル

米ドル建て外貨MMFについて

米ドル建ての外貨MMFは、アメリカのドルで運用します。

 

為替手数料は他の通貨と比較した場合最も安く、銀行系では50銭程度、大手ネット証券会社では20〜25銭となっています。

 

ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド、ノムラ・グローバル・セレクト・トラスト、ゴールドマン・サックスの3種類のファンドがあるのですが、証券会社による手数料の違いが5銭程度なので、利回りで選ぶという選択肢もありそうですね。

 

2011年5月27日現在の調査では、それぞれのファンドの利回りは、ノムラ0.157% > ニッコウ0.109% > ゴールドマン 0.007%となっています。

 

ニッコウ・マネー・マーケット・ファンドは、SBI証券、マネックス証券、カブドットコム証券の3社、ゴールドマン・サックスはSBI証券、楽天証券、松井証券の3社、ノムラ・グローバル・セレクト・トラストはSBI証券の1社のみ取扱となっています。

 

各ファンドの利回りについては、日によって順位が入れ替わることがありますので、公式サイトで最新のものをチェックしてみてください。


米ドル建て外貨MMF、人気証券会社ランキング

為替手数料最安水準を提供中

米ドル建てMMFが、為替手数料20銭で1万円から購入可能。他にも、人気の通貨がお得な手数料で取引可能。

豊富な取り扱い商品・少額積立にも対応

南アフリカランド建てMMFは最低取引金額は約120円!10通貨単位からの超少額積立にも対応。

複数のファンドから選べるというメリット

MMFの売却資金をSBI証券の米国株式取引の決済に利用することも可能。10通貨単位からの小額に対応。

為替レートの更新頻度高タイムリーな取引可能

1日に複数回為替レートが更新されるシステム。1万円以上1円単位で申し込めるため積立投資も可能。

為替手数料20銭という最安水準のレート

米ドル建てMMFが、為替手数料20銭で1万円から購入可能。米ドル建てMMFなら松井証券がおすすめ。

ランキングについて

松井証券とカブドットコム証券の2社が手数料20銭で最安、その他は25銭。

 

SBI証券は、3つのファンドから途中でも自由に乗り換えが可能で、さらに同一通貨の商品であれば為替手数料がかかりません。そして、現在の水準でもっとも高利回りであるノムラのファンドを扱っているという3つのメリットがありランキング1位に。

 

2位は、利回りで次点となるニッコウのファンドを扱っていて手数料が20銭のカブドットコムとなっています。

 

松井・楽天証券の2社は手数料の安さや豊富なファンドなどが魅力なのですが、現状ゴールドマンサックスのファンドが低利回りのため下がっています。利回りの回復などがあれば人気が上昇するでしょう。

低コストで初心者向け【米ドル外貨MMFははじめての方に人気?】関連ページ

ユーロ
ユーロは今、ギリシャの金融危機などで投資先としては注意が必要です。そんなユーロ外貨MMFに投資する場合は、ほかの通貨以上により詳しい知識が求められると言ってもいいでしょう。リスクが高いので判断は難しいですね。
豪ドル
ユーロは今、ギリシャの金融危機などで投資先としては注意が必要です。そんなユーロ外貨MMFに投資する場合は、ほかの通貨以上により詳しい知識が求められると言ってもいいでしょう。リスクが高いので判断は難しいですね。
南アフリカ ランド
南アフリカランド外貨MMFはかなり高リスクな部類に入りますからご注意ください。というのも、利回りそのものは豪ドルを上回りますが、1ランド10円程度に対して手数料が25銭〜とかなり高く、値動きもかなり激しいからです。
NZドル
豪ドルとほとんど同じと思われがちですが、NZドル外貨MMFは利回りとオーストラリアとは少し違う国の産業などの影響があります。ただし、基本的にほぼ値動きが連動するので分散投資先として少し組み入れる使い方で人気のようです。
加ドル
加ドルって言われて何か思いつきますか?米ドルや豪ドルといった人気通貨の情報はいっぱいですけど、正直カナダドルって取扱いも少ないですし、イメージが難しいですよね。興味があるならまずはどんな国かというところからチェックです。