よくある質問

外貨MMFはどこで買えるの?

外貨MMFは、証券会社と一部の銀行などで販売されている投資信託です。

 

何かあったときにすぐに決済ができるネット証券会社が最近は人気のようですね。

 

各ファンドの目論見書(ファンドに関する細かい情報)なども手軽に確認できるため、外貨MMFの比較もやりやすいでしょう。

 

ネット証券会社で取引するには、まず口座開設をする必要がありますが、これはネット上で手続きをすることができます。

 

住所・氏名などを登録すると、本人確認書類(犯罪収益移転防止法によって義務化されています)を送付(メール添付でOKな場合も)するだけです。

 

口座開設がすむと、指定された証券口座に入金をすることで売買が可能になります。


外国籍に強く取扱通貨が多い!

銀行は大損?外貨MMFはどこで買える?【証券会社ならいいの?】記事一覧

外貨MMFは、比較的少額でも取引が可能です。もっとも少額で取引が可能な証券会社は、楽天証券で10通貨単位から買い付けが可能で、1,000円程度(南アフリカランド円はなんと100円程度から)ではじめられます。他の一般的な証券会社だと、1万円からという条件が多いようです。

外貨MMFは、安全性が高い金融商品ですから元本割れを起こすことは少なくなっています。投資対象が格付けの高い債権やCP(優良企業が発行する約束手形)で運用していますが、どちらも「短期」という条件があり、リスクは少ないのです。このように投資信託先の信用リスクは小さいのですが、外貨で投資を行うために為替変動リスクは常に存在します。円安の時に投資した100ドルが1年後に元本われすることなく安全に101ドル...

税金については、FXや外貨預金などの他の外貨金融商品と比較しても非常に有利です。分配金については自動的に源泉徴収されることになりますが、為替分の利益については非課税なんです。為替差益が大きくなったときに、解約してしまえばFXや外貨預金といったそのほかの金融商品よりはるかに有利となります。ただし、税金の対象ではないということは、為替差で損をした場合でも他の収益と合算することができないということでもあ...

外貨MMFは何かと面倒な確定申告が不要です。配当金については源泉分離課税制度によって源泉徴収され、これは他の所得とは影響がないため他に必要な手続きはありません。為替差益についても課税されないですから、税務署にいく必要はありませんね。手間がかからないのも嬉しいですね。

外貨MMFには、どれを選ぶかという問題にまずぶつかることでしょう。選択肢としては、米ドルMMF、ユーロMMF、豪ドルMMFがメジャーな3通貨で、他にも英ポンドMMF、NZドルMMF、南アフリカランドMMFがあります。米ドル、ユーロ、豪ドルは比較的メジャーな外貨MMFです。ポンド・NZドル・カナダドル・南アフリカランドのMMFは扱っている証券会社が少ないようです。運用利回りも大切ですが、為替リスクの...

はい。途中で好きなときに好きな数量だけ解約することができます。解約手数料などもありませんが、為替手数料が必要なのでその点は注意が必要です。外貨MMFは長期投資に向いた金融商品ですが、為替の変動に合わせて中途解約という選択肢が用意されているのは利用者にとってとても有利です。