外貨MMF デメリット

外貨MMFのデメリット

外貨MMFにはデメリットもあります。あらかじめ知っておけば対策を立てることもできますからしっかりと把握しておきましょう。

 

まず一番に挙げられるのが、為替変動リスクの存在です。外貨MMFは元本割れを起こすことが少ない金融商品ですが、それはあくまでも外貨での話です。

 

外貨MMFを解約しようとおもったときに、購入時より円高になっていれば為替差の分損をしてしまいます。

 

外貨MMFは、取引に期限が設けられていません。ですから、逆に円安になるのを待つことも可能です。あくまでもすぐに解約しなくてはならなくなるような生活資金を投入するのではなく、余裕を持った長期投資として行いましょう。

 

あとは、一般の方にはあまり関係がないかもしれませんが、複数の金融商品に投資している場合は損益の通算という問題が出てきます。

 

外貨MMFは、為替差益に対して税金がかかりませんが、これは逆にマイナスが出た場合他の為替投資(外貨預金やFX)でプラスになっていても(あるいはその逆も)損益通算はできないという点を覚えておきましょう。


外国籍に強く取扱通貨が多い!

損をする可能性は?外貨MMFのデメリット【リスクとリターンの考え方】関連ページ

外貨MMFのしくみ
外貨MMFはどういう仕組みで運用されているのか、安全性についての過去のデータといっしょにチェックしていきます。金融商品を購入するときはその仕組みをしることは非常に大切です。よくわからないけど稼げるなんてことはありません。
外貨MMFのメリット
外貨MMFがもつメリットについて検証していきます。為替差益が非課税という外貨預金にもFXにもない外貨MMFだけのメリットがあります。ほかの金融商品と比べるとよりわかりやすいので、比較しながら見ていきましょう。
分配金と利回り
外貨MMFは投資信託の仲間ですから、利回り以外にも分配金があります。しかし、よく郵便局や銀行で扱っているような金融素人をターゲットにした毎月分配型のようなものではなく、税金を引いた後再投資されていきます。
外貨MMFと外貨預金
似ているといわれる外貨MMFと外貨預金。しかし条件を詳しく見ていくと、いかに後者が銀行に都合のいい金融商品かがわかります。外貨MMFには確かにわずかな額面割れのリスクがありますが、あなたはどう判断しますか?
外貨MMFとFX
同じ外貨建て商品である、外貨MMFとFXの違いに注目してみました。どちらも人気がある金融商品ですがどちらがお得かどうかは投資スタイルや目的によって異なります。さぁ、あなたはどちらのタイプでしょう?