外貨MMFのデメリット

外貨MMFにはデメリットもあります。あらかじめ知っておけば対策を立てることもできますからしっかりと把握しておきましょう。

まず一番に挙げられるのが、為替変動リスクの存在です。外貨MMFは元本割れを起こすことが少ない金融商品ですが、それはあくまでも外貨での話です。

外貨MMFを解約しようとおもったときに、購入時より円高になっていれば為替差の分損をしてしまいます。

外貨MMFは、取引に期限が設けられていません。ですから、逆に円安になるのを待つことも可能です。あくまでもすぐに解約しなくてはならなくなるような生活資金を投入するのではなく、余裕を持った長期投資として行いましょう。

あとは、一般の方にはあまり関係がないかもしれませんが、複数の金融商品に投資している場合は損益の通算という問題が出てきます。

外貨MMFは、為替差益に対して税金がかかります、これは逆にマイナスが出た場合他の為替投資(外貨預金やFX)でプラスになっている場合(あるいはその逆も)損益通算はできるという点を覚えておきましょう。