外貨MMF メリット

外貨MMFのメリット

外貨MMFは、運用益が見込める、元本割れリスクが比較的小さい、長期的には複利運用効果が期待できる、為替差益に対しては税金がかからない、少額で投資ができるというのが主なメリットです。

 

運用益については、安全性重視なため大きなリターンは期待できませんが、元本割れリスクを考えると妥当なところでしょう。普通預金よりは…という方にとって非常に有効な投資となります。

 

複利運用効果とは、1か月ごとに再投資されていくため(運用益は自動的に20%分を源泉徴収する仕組みでそれを差し引いた分が再投資されます。)長期的な運用にも向いています。

 

為替差益に税金がかからないというのは、通常為替の取引で得た為替損益については(外貨預金・FXなど)雑所得として扱われ税率は総合課税で計算されてしまいます。(最大50%)から、それを考えると非常に有利といえます。


外国籍に強く取扱通貨が多い!

なぜ人気?外貨MMFのメリット【為替差益非課税など独自の魅力】関連ページ

外貨MMFのしくみ
外貨MMFはどういう仕組みで運用されているのか、安全性についての過去のデータといっしょにチェックしていきます。金融商品を購入するときはその仕組みをしることは非常に大切です。よくわからないけど稼げるなんてことはありません。
外貨MMFのデメリット
外貨MMFのデメリットと言えば、為替リスク。投資した通貨ベースでは安定した運用利回りでも、円換算すると為替レートの影響でマイナスになってしまうこともあります。そのリスクとどう向き合うかが外貨MMFのポイントですね。
分配金と利回り
外貨MMFは投資信託の仲間ですから、利回り以外にも分配金があります。しかし、よく郵便局や銀行で扱っているような金融素人をターゲットにした毎月分配型のようなものではなく、税金を引いた後再投資されていきます。
外貨MMFと外貨預金
似ているといわれる外貨MMFと外貨預金。しかし条件を詳しく見ていくと、いかに後者が銀行に都合のいい金融商品かがわかります。外貨MMFには確かにわずかな額面割れのリスクがありますが、あなたはどう判断しますか?
外貨MMFとFX
同じ外貨建て商品である、外貨MMFとFXの違いに注目してみました。どちらも人気がある金融商品ですがどちらがお得かどうかは投資スタイルや目的によって異なります。さぁ、あなたはどちらのタイプでしょう?