外貨MMFのしくみ

外貨MMFは、外貨建てということで為替差益を狙うことができる。ただ海外の公社債ファンドによる売却益は課税されないという原則があること。※2016年より総合課税されると変更

次にファンド(投資信託)であるものの、短期の安全性の高い金融商品で運用するため元本割れのリスクは少ない(その反面期待できる最大リターンも控えめ)ということ。

この二つのしくみが、人気金融商品となっている理由です。

ファンドのリターンを期待するというよりも、為替の上下動を意識する感覚が必要です。為替で差益が発生した場合非課税ということもあり、FXや外貨預金のような使い方で利用する方もいるようです。